【おすすめ】春にピッタリの贈り物!?彼女や奥さんが貰って喜ぶプレゼントをご紹介!!

桜盆栽画像

どうもkenkun(@playpark_design)です。

今回は、現在ヒットしている商品やテレビやSNSなどで話題の商品をピックアップして紹介する「編集長おすすめ」です。

春先になると、桜が咲いてどこもお花見でいっぱいになりますが、桜は見たいけど人混みが嫌だという方は、結構いらっしゃると思います。

私もお酒や居酒屋などは好きですが、人混みは苦手で花見はあまり行った事がありません。

でも、家で桜を見ながらお酒が飲めたらなと、ネットで探してみると「桜盆栽」という、願いを叶えてくれるピッタリな商品を見つけましたのでご紹介します。

桜盆栽とは?

桜盆栽画像

盆栽と聞くとサザエさんの波平さんを思い出します。実際に祖父もしていたので、どうしても年配の方がされるというイメージがあります。
そのイメージを覆した商品がこの「桜盆栽」です。

名前の通り、実際に自分で桜の木を育てることができる商品です。もちろん春先になると桜が咲きます。

上記の写真は、実際に購入して満開になったマイ盆栽。

購入する時期で蕾の状態だったり、満開寸前の状態で届いたりと違いますが、基本的に全てセットされて届くので箱を開けてすぐに飾ることが出来ます。

もし、女性にプレゼントする際は、満開前の時期に渡されるの一番おすすめです。

もし桜が散ったとしても、そこからまた大切に育てるとちゃんと1年後の春先には桜が咲きます。 お家で桜の木を観察出来るというのも貴重な体験ですよ。

1,000円からの桜盆栽

桜盆栽は、値段に応じて様々な種類の器や大きさが変わってきます。もちろん高額になれば大きくダイナミックになってきますが、かわいいサイズもあるので紹介していきます。

1000円台の桜盆栽は小さめなので、お手頃に桜盆栽を楽しみたい方向けです。場所を選ばずに飾ることが出来るのが魅力です。

3,000円からの桜盆栽

3000円を超えてくると、大きさも変わってきますので、桜の咲く量も違います。迫力はありますが、器も大きくなるので設置場所も少し余裕が必要になってきます。

5,000円からの桜盆栽

5,000円から1万円の桜盆栽はかなり大きくなる為、中級者〜上級者の方向けです。桜盆栽とはいえど、育て方は盆栽と同じですので長く育てようと思うと、それなりの育てる知識が必要になってきます。

1万円からの桜盆栽

1万円以上となると、家で花見ができるくらい立派な桜が咲きます。盆栽のベテランの方にはプレゼントされるのがオススメです。

編集長のつぶやき

私は3,000円の桜盆栽を購入しましたが、咲いた時の感動は一味違います。

そして、桜が散ったとしてもそこから1年間、桜の成長の過程を観察出来るのも「桜盆栽」の醍醐味の一つです。

女性にプレゼントって書きましたが、桜がどのように咲いていくのか?という教育観点でも、お子さんへのプレゼントにも最適ですよ。

それではまた、次の記事で。

スポンサーリンク

桜盆栽ヘッダー画像