【まとめ】デザインって何?って思った人にオススメ本5選 VOL.01

アイキャッチ画像

どうもkenkun(@playpark_design)です。

今回は、デザインを学びたいと思っている方や、学び始めたけど全然理解出来ない方に、オススメの本を紹介したいと思います。

選考の基準は、「見やすい」 「読みやすい」を重点に5冊をピックアップしました。

自分がデザイン学校に通っていた頃に、教科書として採用されていたら、理解度が全く違ったと思うくらいとても良い本なので、ぜひとも参考してしてみて下さい。

01. なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

2015年に発売されたのに、今だにベストセラーとなっている本。 なるほど!っと言ってしまう内容量と、見ていて楽しくなる構成で、そもそもデザインに興味がない方でも楽しめる内容となっています。

これでもかってくらいに、写真・図・イラストをふんだんに使ってページをめくる楽しさの工夫がされています。 これからデザインを勉強する方は、 まずはこの一冊は必読!!

02. デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング(CDROM付)

本のタイトル通りで、読みながら実際に 手を動かしながらデザインを学びます。

デザインの根拠から図形による平面構成のトレーニングなど、この本を理解すると資料作成のクオリティーが一気に上がります。

職種がデザイン以外の方でも オススメしたい本。

03. デザイン入門教室【特別講義】確かな力を身に付けられる〜学び、考え、作る授業〜

レイアウト基本ルールや写真のルール、 配色の基本、文字と書体のルール、 文章のデザインなど、あらゆる基本を収めたまさしく入門書といえる本。

文章が多めですが、参考例のデザインが 多いので実践の時に役に立ちます。

04. デザイナーになる。 伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本

現役のデザイナー 永井 弘人さんが、 まとめたデザイナーになる人へ、 必要な考え方と知識が詰まった本。

イラストや図が大きく見やすい構成で 広告に関わる人はぜひ読んで欲しい本。

05. 誰も教えてくれないデザインの基本

デザインの基本はもちろん、 用紙の種類の解説や印刷工程なども イラストで紹介している。

イラストレーターへの発注方法や専門用語の解説も入っているのも嬉しい。

他の入門書が載せきれていない情報を詰め込んでくれている点が素晴らしい。

結論、「なるほどデザイン」は必ず読んで欲しいくらいおすすめ。

いかがでしたか?

ここ数年で、デザインの基本知識をまとめた本がかなり出版されています。

正直、この5冊以外でもおすすめな本が沢山ありますが、その紹介はまたの機会という事にします。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク