【レビュー】仏像好きには堪らない!海洋堂の新作ガチャをやってみた。

アイキャッチ画像

どうもkenkun(@playpark_design)です。

今回は、実際に購入した商品をレビューするシリーズです。

事務所に向かう途中にヨドバシカメラ梅田店へ。 必ず寄ってしまうのがガチャガチャコーナー。
仏像好きには堪らない海洋堂さんの「日本の至宝 仏像立体図録」が発売されていたので、購入した商品をレビューします。

カプセルQミュージアムとは?

デフォルト画像

今回購入したカプセルQミュージアムは、海洋堂が制作している、「森羅万象を詰めこんだ小さな博物館」をテーマに動物・恐竜・芸術・妖怪・戦車・食文化などをカプセルサイズで表現したフィギュアです。

日本の至宝 仏像立体図録とは?

デフォルト画像

カプセルQミュージアムシリーズの中でも、No1といってもいいくらいの人気がある「仏像立体図録」シリーズ。
有名な仏像をカプセルサイズで立体化した商品ですが、かなり精巧に制作されていて、めちゃくちゃクオリティーが高く仏像ファンからも評価されています。

今回ガチャを回したのは、シリーズ第四弾となる「仏像立体図録Ⅳ 奥深き造仏の世界編」です。

ラインナップは「天燈鬼」「龍燈鬼」 「月光菩薩」「執金剛神」の4種類。カラーが「経年」「朽木調」 「金箔雅趣」とそれぞれに3種類が用意されています。

ちなみにレアとされるカラーは「経年カラー」。 実物を見ると納得するくらいの経年劣化具合が表現されてます。

商品概要

商品名 海洋堂カプセルQミュージアム 「日本の至宝 仏像立体図録Ⅳ 奥深き造仏の世界編」
メーカー 海洋堂
発売日 2018年2月
商品タイプ カプセルフィギュア
価格 1回400円
種類 全12種
公式サイト 海洋堂 カプセルQミュージアム

1個目開封

デフォルト画像

一個目は「月光菩薩」の経年カラー。いきなりレアカラーだったのでテンションアップ(笑)。 経年劣化具合の再現度がスゴイ。
ガチャガチャのサイズでこの手間をかけれるのは、海洋堂ブランドだからこそ。

2個目開封

デフォルト画像

2個目は「執金剛神」の朽木調カラー。これはこれで、絶妙な彩色で惚れ惚れするクオリティー。

全コンプリートを購入したい方はこちら

開封して思ったのが…これは全部欲しくなる(笑)
さっそくコンプリートしたセット販売があるかググってみると…。

ありました↓(笑)
このシリーズは、時間が経つとどんどん値段が上がっていくので、発売された今のうちに買っておくのが良いかも。

まとめ: 海洋堂のガチャガチャはどれもハイクオリティ。

海洋堂は本当にどれもハイクオリティーで、全ラインアップを揃えたくなります。
仏像立体図録シリーズは、時間が経つと全ラインナップが揃えづらくなる為、価値がどんどん上がっていくので、本当に貴重。

また気になるモノを発見すれば、ご紹介していきます。
それではまた、次の記事で。

スポンサーリンク