ジブリ大博覧会〜江戸の戯画まで!オススメ展覧会をご紹介!!

kenkun(@playparkcompany)です。 春に向けて大型の展覧会が目白押し。 そこで現在開催中・今後開催される、 展覧会の前売り券を購入したので、 紹介していきます。 全て関西圏となっているので、 ご注意下さい。 また今回ご紹介した展覧会に行った際は レビューしていきたいと思います。

改組 新 第4回 日展

改組新第4回日本美術展覧会

日展とは部門別(日本画・洋画・彫刻・ 工芸美術・書)に分かれており、 厳しい審査に通った作品を展示。

公式サイトには受賞理由なども記載され 会場に行く前にも知識や情報を得る事が 出来るようになっている。

行かれる前に一度、公式サイトの見て お気に入りの作品や気になる作品を 見つけておくものより楽しめるので、 オススメ!!

イベント概要

開催地域 大阪
展覧会名 改組 新 第4回日展
期間 2018年2月24日(土)~3月25日(日)
会場 大阪市立美術館(天王寺公園内)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日
入場料 ・一般 1,000円(800円) ・大高生 700円(500円) ※大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金 ※カッコ内は前売り・20名以上の団体割り
問合せ先 大阪市立美術館(TEL:06-6771-4874)
主催 公益社団法人 日展
公式サイト 公益社団法人 日展 公式サイト
MAP 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82 天王寺公園内(MAPはこちら

ターナー 風景の

ターナー 風景の詩

独創的な風景画として有名な、 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ ターナー(1775-1851)の作品を 展示している展覧会。 2020年に新20ポンド紙幣にターナーの 自画像が使用される事が決定している程 イギリスを象徴する画家。 見どころ満載!! ・出品作品はほとんどが日本初。 ・分かりやすいテーマ別の4章構成 ・音声ガイドは「情熱大陸」でお馴染の ナレーター・声優の窪田等さん。 初めてターナーを知る人でも、 楽しめるようになっています。 日本の水彩画の原点とも言われており、 風景画・水彩画好きな方には必見!!

イベント概要

開催地域 京都
展覧会名 ターナー 風景の
期間 2018年2月17日(土)〜4月15日(日)
会場 京都文化博物館(4階・3階展示室)
開館時間 10:00~18:00 ※金曜日は19:30まで(入場は閉室の30分前まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
入場料 ・一般 1,500円(1,300円) ・大高生 1,200円(1,000円) ・中小生 500円(400円) ※カッコ内は前売り・20名以上の団体料金
問合せ先 京都文化博物館(TEL:075-222-0888)
主催 京都府、京都文化博物館、毎日新聞社、MBS、 京都新聞、スコットランド国立美術館
後援 ブリティッシュ・カウンシル、(公社)京都府観光連盟、 (公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
協力 日本航空
協賛 大日本印刷
公式サイト ターナー 風景の詩 公式サイト
MAP 京都府京都市中京区東片町623−1(MAPはこちら

東郷青児展 夢とうつつの女たち

東郷青児展 2017年は東郷青児(1897-1978)が 生誕して120年と記念すべき年。 全国の貴重な作品を集めて、 広島→東京→福岡と巡回してきて 最後の会場となる大阪が開催!! 戦前の二科展出品作品やプレイベート コレクションの希少作品など、 この展覧会を逃すと次はいつ見れるのか 分からない作品が展示。 描く女性の肌の美しさは必見です!!

イベント概要

開催地域 大阪
展覧会名 東郷青児展 夢とうつつの女たち
期間 2018年2月16日(金)~4月15日(日)
会場 あべのハルカス美術館
開館時間 火~金/10:00~20:00 月土日祝/10:00~18:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日 2月19日(月)、26日(月)、3月5日(月)、4月2日(月)
入場料 ・一般 1,300円 (1,100円) ・大高生 900円(700円) ・中小生 500円(300円) ※カッコ内は前売り・15名以上の団体料金 ※障がい者手帳をお持ちの方は、美術館チケットカウンターで 購入されたご本人と付き添い1名様まで当日料金の半額でご覧いただけます。
問合せ先 あべのハルカス美術館(TEL:06-4399-9050)
主催 あべのハルカス美術館、産経新聞社、関西テレビ放送
後援 公益社団法人二科会
特別協賛 損保ジャパン日本興亜
公式サイト 生誕120年 東郷青児展 公式サイト
MAP 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F(MAPはこちら

小磯良平と吉原治良

小磯良平と吉原治良 阪神間で活躍した画家、 小磯良平(1903-1988)と 吉原治良(1905-1972)は同時代に 活躍してきたものの、同時に評価される 事はありませんでした。 二人の作品を展示する事で、対照性と 類似性を明らかにしつつ、作品の魅力を 再認識する事が出来る展覧会。

イベント概要

開催地域 神戸
展覧会名 小磯良平と吉原治良 展
期間 2018年3月24日(土)〜5月27日(日)
会場 兵庫県立美術館
開館時間 10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで) 入場は閉館30分前まで
休館日 月曜日(4月30日[月]は開館、翌5月1日[火]休館)
入場料 ・一般 1,300円 (1,100円) ・大学生 900円(700円) ・70才以上 650円(550円) ・高校生以下 無料
※障がいのある方(70歳以上を除く)は 各当日料金の半額、その介護の方1名は無料。
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参の上、 会期中に美術館窓口で観覧券をお買い求めください。
※県美プレミアム展の観覧には別途観覧料金が必要です (本展とあわせて観覧される場合は割引あり)。
問合せ先 兵庫県立美術館(TEL:078-262-0901)
主催 兵庫県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
後援 公益財団法人 伊藤文化財団、兵庫県、兵庫県教育委員会、 神戸市、神戸市教育委員会
協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、 TKG Foundation of Arts & Culture、ネッツトヨタ京都
助成 一般財団法人 安藤忠雄文化財団
特別協力 大阪新美術館建設準備室、神戸市立小磯記念美術館、芦屋市立美術博物館
公式サイト 小磯良平と吉原治良 展 公式サイト
MAP  神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(MAPはこちら

江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで

江戸の戯画

この展覧会は前期と後期で展示される 作品が変わるため2回は行きたくなる。 展示される作品は「鳥羽絵」を キーワードに江戸時代の戯画を約280点 も楽しむ事が出来ます。 前期のみで、歌川国芳の 「金魚づくしシリーズ」全9点が、 揃った状態で展示されるのも貴重です。

イベント概要

開催地域 大阪
展覧会名 江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで
期間 2018年4月17日(火)~6月10日(日) 【前期】4月17日(火)~5月13日(日) 【後期】5月15日(火)~6月10日(日) ※会期中展示替えあり
会場 大阪市立美術館
開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(ただし、4月30日(月)5月1日(火)は開館)
入場料 ・一般 1,400円(1,200円) ・大高生 1,000円(800円) ※カッコ内は、20名以上の団体料金 ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。 ※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。
問合せ先 大阪市立美術館(TEL:06-6771-4874)
主催 大阪市立美術館、毎日新聞社、MBS
公式サイト 江戸の戯画 公式サイト
MAP 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82 天王寺公園内(MAPはこちら

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信

ボストン美術館浮世絵名品展 現存する作品の8割以上が海外に所在 されているという浮世絵師 鈴木春信の 作品を集めた展覧会。 ボストン美術館には約600点以上の 春信作品が保管されていて、 今回はビゲロー・コレクションより 選りすぐりの作品が展示されます。 今回出品される8割の作品は、 ボストン美術館に収蔵されて以来、 はじめての里帰りとなるので、 この機会を逃すともう見れないかも!?

イベント概要

開催地域 大阪
展覧会名 ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信
期間 2018年4月24日(火)~ 6月24日(日)
会場 あべのハルカス美術館
開館時間 火~金/10:00~20:00 月土日祝/10:00~18:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日 5月7日、14日、21日、28日の各月曜日
入場料 ・一般 1,300円 (1,100円) ・大高生 900円(700円) ・中小生 500円(300円) ※カッコ内は前売り・15名以上の団体料金 ※障がい者手帳をお持ちの方は、美術館チケットカウンターで購入されたご本人と付き添いの方1名までは当日料金の半額
問合せ先 あべのハルカス美術館(TEL:06-4399-9050)
主催 あべのハルカス美術館、ボストン美術館、日本経済新聞社
後援 アメリカ大使館、テレビ大阪
特別協賛 フィデリティ投信
協賛 大伸社
協力 日本航空
公式サイト ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信 公式サイト
MAP 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F(MAPはこちら

色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに

オットー・ネーベル展 スイツ・ドイツで活躍した画家 オットー・ネーベル(1892-1973)の 作品を集めた日本初の回顧展。 展示される作品は様々で、 抽象画への道のり〜イタリアの色彩、 音楽的作品、抽象/非対称など。 音声ガイドには、芸人の 藤井隆さんが ナビゲーターを務めてくれます。 色彩の画家とも言われる程、色の バランスが美しく、前売りのチケット からしてもその魅力が伝わってきます。

イベント概要

開催地域 京都
展覧会名 色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに
期間 2018年4月28日(土)〜6月24日(日)
会場 京都文化博物館(4階・3階展示室)
開館時間 10:00〜18:00/金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、4月30日(月)、5月1日(火)は開館)
入場料 ・一般 1,500円(1,300円) ・大高生 1,000円(800円) ・中小生 600円(400円) ※カッコ内は前売り・20名以上の団体料金
問合せ先 京都文化博物館(TEL:075-222-0888)
主催 京都府、京都文化博物館、産経新聞社、関西テレビ放送
後援 スイス大使館、大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館、 (公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
協力 スイス政府観光局、スイス インターナショナル エアラインズ、 ヤマトロジスティクス株式会社
企画協力 オットー・ネーベル財団 In cooperation with Otto Nebel Foundation,Bern
公式サイト 色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに 公式サイト
MAP 京都府京都市中京区東片町623−1(MAPはこちら

ジブリの大博覧会

ジブリの大博覧会

いよいよ、東京で50万人を動員した、 あの大博覧会が関西で開催されます。 ジブリの歴史が詰まった展覧会で、 歴代の作品のポスターやグッズ、 プロデユーサーの鈴木敏夫 氏の 部屋までも再現している。 入り口ではトトロがお出迎えし、 ネコバスも大空を舞う飛空艇も 子供から大人まで楽しめる展覧会。

約3ヶ月も開催されますが、土日や GWなどは大混雑する事間違いないので 平日に行くことをオススメします!!

イベント概要

開催地域 神戸
展覧会名 ジブリの大博覧会
期間 2018年4月7日(土)~7月1日(日)
会場 兵庫県立美術館
開館時間 10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで) (ただし 6月1日(金)、2日(土)、8日(金)、9日(土)は18:00まで) ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし4月30日は開館)
入場料 ・一般 1,600円(1,400円) ★1,300円 ・大高生 1,200円(1,000円)★900円 ・中小生 700円(500円)★400円 ※カッコ内は前売り料金 ※★は平日限定前売り料金
問合せ先 兵庫県立美術館(TEL:078-262-0901)
主催 読売テレビ、読売新聞社、東映、ローソンチケット
共催 兵庫県立美術館
企画制作協力 スタジオジブリ
後援 兵庫県、兵庫県教育委員会
公式サイト ジブリの大博覧会 公式サイト
MAP 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(MAPはこちら
 

↓↓↓レターポットもやってます。 感想など送ってくれたら飛び跳ねて喜びます。↓↓↓

playpark 竹中さんのレターポット | LetterPot (α) playpark 竹中さんにレターを贈りましょう!レターポット(α)は、1文字5円で購入したポイン  トを使って、気持ちを伝えたい相手に手紙(レター)を贈ることができるサービスです。 LETTERPOT.OTOGIMACHI.JP
スポンサーリンク

展覧会前売りチケット画像